熊本で弁護士をお探しならくまもと法律事務所へ。1994年の創立から、弱い立場の人によりそい、親切・丁寧な対応を心がけています。

費用について

  • HOME »
  • 費用について

法律相談料 30分 5,000円(別途消費税)

まずは、お電話(096-325-9911)にてご予約ください。
お電話での受付時間は、平日9:00~18:00までとなっております。
駐車場完備(10台)。事務所1階が駐車場です。奥に詰めて駐車ください。
原則として土日祭日は休日です。ただしご相談の方のご要望により、あらかじめ予約をいただいたときには事務所休日でも弁護士が対応します。
相談内容はすべて秘密厳守しますので、外に漏れることはありません。

弁護士へ委任する際の費用

実際に、弁護士に事件をご依頼いただく場合に発生する費用は以下のとおりです。
具体的な金額については、事案に応じて当事務所報酬基準に従って算定します。ご依頼の前には費用を明示した委任契約書を作成いたします。
また、必要であれば見積書を作成することも可能です。

相談料

弁護士に相談するときにお支払いいただく費用です。30分 5,000円(別途消費税)となります。

着手金

弁護士に委任した段階でお支払いいただく費用です。着手金は、委任事務が不成功に終わっても返還されません。

報酬金

委任事務の成功に応じてお支払いいただく費用です。成功の度合いによりますので全面成功の場合は100%、不成功の場合は0%、半分成功であれば50%となります。

実 費

事件処理のために必要となる費用です。裁判所に納める印紙代、切手代、記録謄写費用、鑑定料、謄本類取得費用などが該当します。

日 当

出張の際の交通費、宿泊費用です。事務所の場所を基準に出張時間で定めています。

手数料

事務的な手続を依頼する場合にお支払いいただく費用です。契約書、遺言書などの作成、遺言執行、会社設立、登記、登録などが該当します。

顧問料

弁護士と顧問契約を結び、これに基づく継続的な一定の法律事務に対してお支払いいただく費用です。

着手金・報奨金について

◆民事一般

一般的には事件の規模、難易度を基準に決めます。
具体的には下記の表から、基準となる着手金・報酬金を算出します。実際には、事件の内容、証拠の存否などを考慮して、基準となる着手金・報酬金の額を増減させることがあります。また(依頼者の経済状況に応じて)弁護士費用の支払方法はご相談に応じています。

経済的利益の額着手金報酬金

300万円以下の部分8%16%

300万円超3000万円以下の部分5%10%

3000万円超3億円以下の部分3%6%

3億円超の部分8%4%

◆刑事一般

一般的には事件の規模、難易度を基準に決めますが、通常の事件であれば着手金、報酬金とも20万円 ~ 40万円程度の事案が多いです。

◆日当

くまもと法律事務所日当表に基づいて、出張に要する時間をみて決めています。

*弁護士費用は、第1審裁判所での費用となります。上級裁判所になるときには別途費用をお願いしますが、1審に続いて2審でも同一弁護士に委任されるときには相当程度の減額をします。

法テラスの民事法律扶助のご案内

経済的に余裕がない方は、法テラスの民事法律扶助による着手金等の立替え制度をご利用いただけます。所得証明書などの書類を用意して法テラスに申し込み、審査を受ける必要がありますが、認められれば法テラスが費用の立て替えをしてくれます。
この場合、月々分割で毎月1万円程度ずつ返還していただくことになります。
なお、生活保護受給中の方につきましては、返還の猶予・免除を受けることができます。
PAGETOP